臨床心理士の友人との約束とは

旅行が好きな臨床心理士の友人とは、たまに会ったら旅の話で盛り上がります。
直近で行った国の料理を食べに行ったり、旅の臨場感の出そうな場所で会うというのが楽しくて…。
自分も行った気になるんですよ。
そんな友人との約束は誕生日のお祝いにスロバキア料理をふるまうことなんですが、
意外と現地で食べたようなスロバキア料理のお店が見当たらず、
私が作ることになったんですよね。
来月に向けて奮闘中ですが、なかなかうまくいった料理もあるのでとりあえずはなんとかなりそうです。

スロバキアの魅力をまとめてきちんと文書保管

各国それぞれ独自の文化があり、その魅力を知ることで
人生もより大きく広がっていくことになります。
有名な国だけではなく、これまで縁のなかった国についても自分なりに調べ、
まとめていくのが良いでしょう。
スロバキアなども魅力的な文化があり、是非調べてみたい国の一つです。
今はインターネットなどでどのような情報にもアクセスできますが、
やはり後で見返すことを考えると、プリントアウトしておくほうが良いのではないでしょうか。
また、気になったポイントなどを自らメモしておくことで今後調べることなども明確になっていきます。
こうした文書はいつでも見直すことが出来るように、文書保管方法を考えておきましょう。
一つのボックスにまとめておくなどすると取り出しやすくなります。

乱視用カラコンをつけて気分を変えたらスロバキアの魅力を3つ思い出した

以前から使用していた乱視用の眼鏡が合わなくなってしまい、
眼鏡をかけるだけで頭痛を引き起こすようになってしまいました。
そのため眼鏡を買い替えようと考えていたら、
乱視用のカラコンが発売されていると知って、
眼鏡ではなく乱視用カラコンに切り替えることにしました。
薄い茶色のカラコンに変えたことによって、
顔が華やかになったと友人からも好評で嬉しくなりました。
カラコンをしたことで視力も良くなり、本屋に立ち寄ってスロバキアの写真集を眺めることにしました。
スロバキアはとても美しい国だということを知っていましたが、
鮮やかで、明るくて、美しいという3つの忘れていた魅力を思い出しました。
いつか乱視用カラコンをつけて、スロバキアに観光に行きたいです。

川崎の注文住宅でスロバキアの魅力を再発見してしまった

川崎の注文住宅づくりに関わっていて、
できればヨーロッパ風の輸入住宅にしたいとの案が出てきたため、
ヨーロッパの街並みを資料などでいろいろと見てみました。
そこで最も印象的だったのは、スロバキアの街並みの美しさです。
スロバキアについてはほとんど何も知りませんでしたが、
こんなに魅力ある国だったのかと感激しました。
スロバキアと言ってもピンとこない人が多いかもしれませんが、
チェコと頭につけるとイメージがつかみやすくなるようです。
ヨーロッパの中部に位置する国で、東欧諸国のひとつであったことから、
それほど馴染みのある国でもないのですが、
その街並みは、ヨーロッパの有名観光地に引けをとらない美しさです。
この様式を取り入れたいと感じました。

膿皮症を患っている犬にとって街並みが魅力的に映るらしい…

膿皮症を患っている犬の生活については、
数々の情報誌などで取り上げられることがありますが、
常日ごろから便利な情報を調べることがとてもおすすめです。
特に、魅力的な街並みの風景に関しては、
ネット上でしばしば意見のやり取りが行われるケースが増えてきており、
常日ごろから様々な価値観を持つ人からアドバイスを受けることが良いでしょう。
現在のところ、犬の膿皮症の治療法について、
多くの動物病院などの公式サイトなどで分かりやすく紹介が行われることがあります。
そこで、常日ごろから将来的なトラブルを未然に防ぐために、
実績のある獣医師にサポートを任せることによって、
何時でも冷静に行動をすることができるといわれています。

人生を変える旅のはじまり

私がスロバキアに初めて訪れたとき、これからの人生を変えるような感覚になりました。
これから何度もこの地を訪れるだろう感覚にあふれた旅でした。
それからスロバキアの魅力を知り、伝えることにも多くの時間をとるようになったんです。
みなさんにもそんな人生を変えるようなできことがあるかと思います。
自分探しの旅ではないですが、旅というのがスイッチを入れる役割を果たすことも多いように感じます。
何かを変えたい人のきっかけ作りに最適です。

菅原一秀(自民党)議員の凄いところ

いつもスロバキアのことばかり考えている私ですが、今日は政治の話を少し。
私の地元は練馬区なんですが、実家を出てからしばらくは都内を転々としており、
3年ほど前に練馬区に戻ってきました。
久しぶりの練馬区での生活で変わらないことが多くあったのですが、
駅前で菅原一秀(自民党)議員を見かけて、いつもと変わらない風景だな~と思い、
いつも駅前で立っている、と思わせる議員が凄いと思いました。
また応援しよう、と思った次第です。

豊胸が必要ない国はあるのだろうか?

妙齢の日本人女性の多くが、バストサイズを気にしているそうだ。
というのも日本の男性や欧米系の男性は巨乳が好きな人が圧倒的に多いからという。
人それぞれかとは思いますが、まあ周りを見渡しても巨乳好きは多いか…。
ということで日本の美容外科は豊胸の引き合いが多いのだとか。
胸に異物を入れて時間が経ったらどうなるかを考えたら怖いものですが、
その恐怖を上回る魅力があるのでしょうね。
ちなみに貧乳好きが多い国はトルコだそうです。
スロバキアは日本人と同じのようですね。

お土産は電磁波防止グッズ?

来月海外へ行くことが決まり、少し長い期間の滞在になるので、
友人や仕事関係の知人にいろいろお願いすることもあるので
お土産は外さないようにしないと、とリサーチをして回っています。
郵便物の受け取りなどを頼む友人に「何か欲しいものある?」
とたずねたところ「電磁波防止グッズが欲しいんだよね」と言われ、
思わず「えっ?」と返したら、お土産のこととは思わなかったようです(笑)。
そういえば友人の誕生日がそろそろなので「それは誕生日に」と言っておきました。

ウェルカムボードで魅力を伝える方法

先日、スロバキア出身の女性が日本人男性と結婚式を挙げました。
結婚式に参加させていただいたのですが、
スロバキアと日本の良いところが盛り込まれたアットホームで大変素敵な結婚式でしたよ。
スロバキアの花嫁が用意したウェルカムボードを見ただけで感動の涙を流す人が続出。
自分ももらいなきするシーンがたくさんありましたが、
こんな魅力にあふれた式になったのは国際結婚だからでしょうか?
式の内容を伝えたくて仕方がないのですが、確認を取ってからにしますね。